イギリス王室の「カミラ・ダイアナ・チャールズ皇太子」陰謀と疑惑

広告

ダイアナ妃が亡くなってもう18年が経とうとしている。

しかし、ダイアナ妃の人気は根強く、イギリス王室の中でもいまだに1.2を争うほどの人気がある。

ダイアナ妃の死にはチャールズ皇太子の陰謀があるのではないかとされ、疑惑の事故死と言われている。

一国の皇太子がなぜそのような疑惑を抱かれているのか?

それは、そもそも離婚が原因である。

イギリス王室のカミラ・ダイアナ・チャールズ皇太子陰謀 疑惑

イギリス王室の「カミラ・ダイアナ・チャールズ皇太子」陰謀と疑惑

ダイアナ妃と結婚したものの、カミラ夫人を忘れる事が出来なかったチャールズ皇太子は、その後も不倫関係を続けたと言われている。

その為、カミラ・チャールズ皇太子の二人の関係は国民も知るところの話となる。

自分の意思をはっきりと持っているダイアナ妃が、その状況に甘んじるはずが無く、離婚を決めたとされている。

カミラとチャールズ皇太子の二人の関係はダイアナの死後も続いており、出会いから30年後の月日をかけついに再婚までしている。

「Princess of Wales(プリンセスウェールズ)」の称号を辞退したからと言って、国民の根強いダイアナ人気に対抗する事は出来ない。

その為、その反発心からもより多くの場所でチャールズ皇太子のダイアナ妃の事故死への関与が噂されている。

ダイアナ妃の死には、そのほかにも様々な憶測が流れており、実際のところはわかっていない。

事故死なのか、本当に暗殺なのか。暗殺なのであればその理由は?誰の指示なのか。

その真相は、もはや永遠に闇の中とは言えないだろうか。

暗いニュースの多かったイギリス王室だが、キャサリン妃の誕生から明るいニュースが多く聞かれるようになってきている。

その為、国民からの信頼も回復しつつある。

最愛の息子の幸せな姿を、ダイアナ妃も喜んでいるのではないだろうか。

今後もイギリス王室から目が離せない。

広告